artist comment

池田達也

MALTA、寺井尚子、NORA、中路英明オバタラ、など数多くのアーティストのベーシストとして、またアレンジャー、音楽プロデューサーなど、マルチベーシストとして活躍中。

report01

池田達也

『早速、愛用させていただいておりますが、PJB直系のクセの無いピュアサウンドとHAOの実用的な機能を併せ持ったの完成度の高さに加え、 「オーロラブルー」のルックスもお洒落で、既に"お気に入り"のアイテムのひとつとなっています。

仕事柄、これまで数多くの楽器内蔵型のオンボード・プリアンプや小型のアウトボード・プリアンプを試しきましたが、いずれもヘッドルームに余裕が感じられず、ダイナミックレンジも狭く感じられた為、 何らかの必要性を感じない限り、普段は使っていなかったのですが、BASS LINERからはそんなストレスを感じる事がありませんでした。

実は、BASS LINERを受け取った際、直ぐに音を出してみたくて、ACアダプターを取り付けずに試奏を行っていたところ、気が付くと電池が消耗していた為、電池駆動時間の短さに驚いたのが本音ではありますが、 プロ・ユースの1Uサイズのプリアンプと比べても遜色の無いハイクオリティなサウンドにより、例え電池駆動の時間を犠牲にしようとも、あくまで音質を優先された貴社の設計姿勢に納得した次第です。

小型のプリアンプとしては画期的なCLIP ランプ付きのINPUT GAINの 装備により、楽器を選ばず使用出来る点に加え、LEVEL コントロールにより、ブースターとして使用も可能な点も魅力を感じました。

池田達也

また、今回は小規模な会場でのライブでしたから使用しなかったものの、DIRECT OUTの装備にも利便性を感じました。TUNERを接続すれば音を出さずにチューニングが行えるのはもちろんの事、 PRE/ POST EQのサウンドを個別に出力出来るのは、リハーサル/ライブ/レコーディングに関わらず、何かと重宝するのではないかと思われます。

ご存知のように、演奏する会場が広くなればなるほど、ステージ上と客席側では、低音の聞こえ方が大きく変わってきます。例えば、ステージ上で「低音が豊かなサウンド」に感じるのに、 客席側では「ブーミーで、モコついたサウンド」に聴こえてしまう場合もありますから、特別なケースを除き、僕はなるべくPRE EQの音をPAに送るようにしていますから、 DIRECT OUTの装備はBASS LINERの魅力のひとつだと思います。

繰り返しになりますが、BASS LINERは、高音質&画期的な機能を備えた、実用度の高い魅力的なアイテムだと思います。今後、様々なシチュエーションでBASS LINERが活躍してくれる事となりそうです。』


report01

池田達也

『その後、HAO Bass Linerを更に色々な場面で試してみたのですが、やはり18V駆動の方が、音が太く、音の瞬発力も増すように感じています。 特に、6弦ベースやウッドベース等のダイナミクスレンジの広い楽器ほど、余裕のヘッドルームによる恩恵を実感出来るようです。 そんな経緯もあり、今では18V駆動のサウンドに馴染んでしまったのでeneloopの使用においても、昇圧アダプターを使い18V駆動で使っています・・・。

ところで、あるアーティストのサポートの現場でPJB D-600を愛用させていただいているのですが、エレクトリック・アップライトとエレキ・ベースの持ち換えもスムーズで、とても重宝しております。

クリーンでスッキリとしたサウンドてありながらも、しっかりと鳴る中低域に、共演者達も僅か3Kgのデジタル・アンプという事に驚いていました。

周囲の共演者やエンジニアからも高い評価が寄せられています。最近、行く先々の現場で、暇を見つけては、PJB D-600とPJB以外の様々なブランドのスピーカーとの組み合わせを試しておりますので、近い将来、改めてレポートさせていただくつもりです。

HAO Bass Liner、PJB D-600、どちらも、今の僕にとって欠かせない大事なアイテムです。高音質、高機能、そして実用的なアイディアに富んだ、 素晴らしいアイテム達に出会えた事を本当に嬉しく思っています。お陰様で、僕のBASS LIFEは、より一層充実したものとなりました!』



report01

池田達也

『HAO BASS LINERには、本当に重宝しています。 音質面のみならず、使い勝手の良さに、今では無くてはならないアイテムのひとつとなりました!常にベースのケースに入れ、使用の有無に関わらず持ち歩いている状態です。

先日も、当方主宰の“たつや せっしょん”のライブでBASS LINERを使ったのですが、ノイズレスで適度なゲインが稼げるので、空間系エフェクターの“ノリ”も凄くイイ感じでした! (写真のライブの場所は、東京六本木のSTB139です。)』

周囲の共演者やエンジニアからも高い評価が寄せられています。最近、行く先々の現場で、暇を見つけては、PJB D-600とPJB以外の様々なブランドのスピーカーとの組み合わせを試しておりますので、 近い将来、改めてレポートさせていただくつもりです。

HAO Bass Liner、PJB D-600、どちらも、今の僕にとって欠かせない大事なアイテムです。高音質、高機能、そして実用的なアイディアに富んだ、素晴らしいアイテム達に出会えた事を本当に嬉しく思っています。お陰様で、僕のBASS LIFEは、より一層充実したものとなりました!』

pageback