artist comment

吉池千秋

小田和正、安部恭弘、鈴木雄大など数々のアーティストをライブやレコーディングでサポートし、プロの間で高く信頼されているベーシスト。

report01

吉池千秋

『僕自身も今までに、主にパッシブのベースのゲインをかせぐためにクリーンブースターは使っていましたが、今回のBass Linerは、PJB(フィルジョーンズベース)が開発に関わっているだけあって、 とにかく楽器の原音にとても忠実で、EQの効きもとてもナチュラルでした。ヘッドフォンを使って、何度もバイパス音と聞き比べ、EQもいろいろ試しましたが、とにかく自分のベースの原音はそのままに、 そこに色を付けていくというプロセスが、とても楽しくて、こういう楽しさはコンパクトなプリアンプでは、今までに味わったことがなかったなぁ、とあらためて思いました。

今までの僕のコンパクトプリアンプの印象というのは、ヘッドルームやダイナミックレンジの狭さが原因で、通すだけで音が痩せてしまい、それをブーストするので、極端に言えば別の楽器の音になってしまう 感じがありました。しかしコンパクトだからそれを諦めるしかないと思っていました。そういった意味でも、このBass Linerは、コンパクトタイプのクオリティを遥かに凌ぐレベルです。とにかく原音はしっかりと 残っていて、その後にEQがしっかりと効くという、ラックタイプのプリアンプの性能、いわゆるスタジオクオリティを持っていると感じます。

吉池千秋

まず現場に投入したのは、先日のASAMIさんのワンマンライブでした。この日は、パッシブのジャズベースと、エレクトリックアップライトを使用しましたが、当初は通常通り、回線を2チャンネルに分けて、 それぞれの楽器を出力する予定でしたが、原音を変えない素晴らしいプリアンプなので、両方の楽器に使ってみたくて、あえて、回線を一つにして、ラインセレクターで各楽器を切り替えながら、 両方の楽器にBass Linerを通して、つまみを調節しながら使いました。そのため足元には置かずに、アンプの上に設置して使用しましたが、操作性が良いので楽器を持ち替えた際に、 素早くそれぞれのセッティングに切り替えられる程でした。

サウンドチェックの時も、PAのオペレーターさんと話し合いながら、Bass LinerのゲインやEQを細かく設定していったので、とてもスムースに必要なサウンドをつくる事ができました。 今回はパッシブタイプのベースに使用しましたが、Bass Linerはアクティブタイプのベースにも、とても有効だということが言えると思います。なぜならBass Linerの5バンドEQによって、 通常2バンドEQもしくは3バンドEQの、アクティブ回路内蔵タイプのベースに対して、より細かな音質の設定(補正)が行えるからです。

僕自身は原音に対しては、かなりうるさいほうだと思うので、現在は楽器とD,Iそしてアンプの間にボリュームペダルも、チューナーさえもつないでいません。(原音の持つエネルギーが著しく損なわれるため)しかし、 Bass Linerはその心配がないばかりでなく、とても細かな音質の補正やレベルの調整ができて、ダイレクトアウトとミュートスイッチもあるので、チューナーをつないで無音でチューニングもできます。

このBass Linerは、プリアンプペダルとしての性格上、派手に音色を変えるペダルではありませんが、そのクオリティが現場においていかに大きな助けになるか、プロのミュージシャンであれば誰しも感じられる製品です。

そして、アマチュアのベーシストにとってはどうでしょうか?僕が思うにアマチュアの方は、もちろん例外もあるでしょうが、大抵の場合はプロのミュージシャンほど、アクティブタイプだとか、 パッシブタイプだとか、たくさんの楽器を使い分けたりはしていないと思います。一本の楽器を大切に弾いている方が多いのではないでしょうか。そんなアマチュアの方々にも、このBass Linerはとても有効だと思います。

例えば、パッシブタイプのベースをアクティブタイプのサウンドに、その反対に、アクティブタイプのベースをパッシブタイプのサウンドに、少しのEQの操作によって、思いのままのサウンドをつくる事ができます。 EQのつまみが12時の位置でフラット(原音と同じ状態)ですが、このつまみを足したり引いたりするだけで、5バンドEQが絶妙なポイントで効いてくれるので、実際に僕のパッシブタイプのべースも、 アクティブタイプの音色に変化させる事は容易でした。このBass Linerは、本当にそういった事が可能なのです。

今後、いろいろな現場で、そのチカラを発揮してくれるであろうBass Liner!頼もしい友だちです。』


report01

今回は、プロは現場でBass Linerをどう活用しているのかという内容です。プロならではの裏技(?)は、アマの方にも非常に参考になるのではないでしょうか。

吉池千秋

『発売以前からロードテストさせてもらっていた、HAO Bass Liner がついに発売になりました。よく行く楽器店にも、すでに商品が置かれていて、最近はベーシスト仲間たちからも 「Bass Liner ってどうなの?」とよく聞かれます。HAO Bass Liner かなり注目されていますね。

今回は先月の六本木STBでのライブで、ゴダンA4UltraフレットレスにBass Liner を繋いだときの、インプレッションです。この時のライブでは通常のエレキベースと、ゴダンA4Ultraフレットレスの2本を 使い分けましたが、Bass Liner は思った通りの活躍をしてくれました。

エレキベースと、ゴダンのようなアコースティックベースを同時に使い分ける場合、聞いている人は、どうしてもエレキベースの音と比較しまうため、相対的にアコースティックベースの音に、 コシがないように感じられることが多くなりがちです。

その、いわば耳の錯覚のような状態をこちらで少し補正するために、Bass Liner でゲインをかせぎながらEQでミッド周辺をブーストする使い方でした。これでゴダンA4Ultraフレットレスのエアー感のある低音を残しながら、 そこに音のコシを足すことができました。良い意味でエレベとの差異も感じられず、ゴダンA4Ultraフレットレスらしさが出せたと思います。

今回のような使い方は、現場での少し特殊な使い方かもしれませんが、実際には、ゴダンA4Ultraフレットレスだけで演奏する時にも、Bass Liner を使うことによって、音色自体は変えずに、より立体的に前に 出る音にすることができます。他には少しゲインを上げた状態にしておいてベースソロの時だけオンにするとか、その逆にゲインを少し落としておいて、バラードや静かな曲の時だけ使うなど、原音が変わらないという大きな アドバンテージがあるので、あらゆる使い方が考えられます。

吉池千秋

最後に、アマチュアの方々にも楽しい使い方をお教えします。

これはウッドベース、エレキベース、アコースティックベースなど、ベースという楽器全般に言えることなんですが、安定した演奏や良いグルーヴを生み出すには”力み”は禁物ですよね? Bass Liner を通すと楽器自体のゲインが上げられるので、単純に音が楽に出せる状態になります。これは、実際に弾いてみればわかりますが、ベースアンプのヴォリュームを上げるのとはまったく違うのです。 ベースアンプのヴォリュームを上げてしまうと、低音も出過ぎたり、音色やタッチも変わってしまい、けっして弾きやすくはなりません。

経験上、楽器自体のゲインが上がること、もしくは上がったように感じることが、スムースな演奏にはとても大切なのです。そもそも、良い楽器というのは良く鳴る楽器ですよね? 例えば、もの凄く良いヴィンテージ楽器などは、楽器自体が良く鳴ってくれるので、生音がとても大きいです。

Bass Liner は、原音に色付けせずに、ゲインだけ上げることができるので、感覚としては、自分の楽器がより鳴っている状態に近い感覚が得られます。それによって、演奏に不必要な力みが無くなるので、 タッチが安定し指の運びもスムースになります。グルーヴィーな演奏に集中できるということです。そういった良いクセをつける為にも、このBass Linerは非常に役立つと思います。 Bass Liner はこのように、プロ、アマ問わず、あらゆる場面でそのチカラを発揮してくれる、優れたプリアンプなのです。』

吉池千秋オフィシャルサイト

pageback